BILIBO PILATESとは | ビリボピラティス

ビリボピラティス

bilibo pilatesのはじまり

『bilibo®とは?』

 bilibo®とは、2000年にアレックスがデザインし、スイスで誕生したバランス玩具です。アレックス氏の卒業研究のテーマ「遊びの行動学」をもとに、作られた子ども向けの玩具です。2015年春現在は、8色のカラーがありますが、当初は、子どもたちに親しみやすい「赤・青・黄」の3色でスタートし、2004年以降に、その他の色が追加されました。

 また、ニューヨーク近代美術館(MOMA)では、bilibo®は永久展示品として展示されています。

 重さは800g、大きさは、縦横奥行き22cm・39cm・39cm、素材は高密度ポリエチレン(100%リサイクル)でできています。

 EUでは、シュピルグードに選ばれるおもちゃで、とても人気があり、厳しい基準であるCEマークもクリアしています。

『pilatesについて』

 今から約90年前に、ジョセフピラティスによって開発された、からだのコントロール方法です。

 近年は、スポーツ選手やダンサーに限らず、医療関係者にも浸透してきました。その理由として、ピラティスメゾットは、運動学・解剖学的にも理にかなった、全身性で効率的な動きの法則、体幹と四肢の分離運動、動きに対する最適な呼吸パターンが身につく、最も運動効率の高いメゾットだからです。

『bilibo pilates®について』
考案者丸山絢華が行う大人のピラティスのレッスン中に、受講者の方から「正しい姿勢をもっと小さい頃から知りたかった!」「うちの子ども猫背なんだけど、治す良い方法はないかしら?」という声から生まれました。そこで、子どもが楽しめて、飽きずにピラティスができるツールは何かないかと探したところ、bilibo®というカラフルなおもちゃに出会いました。

 bilibo pilates®とは、日本幼児体育学会の理論をもとにした幼児のための動作向上プログラムです。一つの動きに対して、使用する筋力を高め、幼児期に学んでおきたい必要なスキルを身につけさせるだけでなく、感覚と運動を統合し、脳や神経系の機能を向上できるように、幼児体育の側面からも工夫されたプログラムになっています。対象年齢は、3歳〜9歳位に対応できるように、プログラムが構成されています。

商標登録番号 第5686397号

 

 

 

bilibo pilatesの3つのポイント

自分のいい姿勢がわかるようになる!

例えば、猫背の状態でbilibo®に乗ると、bilibo®が倒れてしまうので、背筋がピンと張った状態を知ることができる。

色々な運動のベース作りができる!

bilibo pilates®は、移動系・非移動系・平衡系・操作系の60種類以上のエクササイズから成り立っています。幼少期に多様な運動経験を行うことで、色々な運動のベース作りができます。

ビリボを通して、友達と仲良くなれる!

一つの動きに対して、使用する筋力を高め、幼児期に学んでおきたい必要なスキルを身につけさせるだけでなく、感覚と運動を統合し、脳や神経系の機能を向上できるように、幼児体育の側面からも工夫されたプログラムになっています。対象年齢は、3歳〜9歳位に対応できるように、プログラムが構成されています。

 

 

PAGE TOP